トップアスリートのコンディション調整に導入【メディセル筋膜吸引療法】

プロゴルファー松山英樹専属トレーナー飯田光輝氏導入

iida_trainer2

松山英樹専属トレーナー飯田光輝氏がメディセルを選んだ理由

プロ転向初年度となった2013年には4勝を挙げて賞金王となった14年から米ツアーに主戦場を移し「ザ・メモリアル・トーナメント」で初優勝を果たし、16年の「ウェイスト・マネージメント・フェニックスOP」でツアー2勝目を挙げた日本人史上初のメジャー制覇に期待がかかる松山英樹。そんな彼を支える松山英樹専属トレーナー飯田光輝氏がメディセルを選んだ理由とは?


 

【メディセルとの出会いのきっかけは!?】

出会いのきっかけは、プロゴルファー中嶋常幸氏など多くのトッププロゴルファーを支えてきた「山根さとる骨格LABO」山根悟先生からの紹介だった。

 

【メディセルを実際に使ってみて】

とにかく簡単に変化が出ることに驚いた。これまで多くの施術をしてきたがメディセルはとにかく「早い」!
トップアスリートはタイトなスケジュールの中、限られた時間の中で改善をしなければならない。また、「吸引」という今までにない観点も面白い。
実際、関節可動域の改善など多くの部位で改善が見られた。そういった意味ではメディセルは患者へ簡単に変化を与えることができるため選手自身も実感は大きいのだと思う。

iida_trainer3
松山英樹専属トレーナー
飯田光輝氏

【今までにない!施術方法それがメディセル】

多くの場合、押すことや低周波などの機器が用いられる中、「吸引」によるアプローチができるメディセルの可能性は治療家にとって多くの可能性をもたらすだろう。
異国の地で戦うプロゴルファーにもこのメディセルで改善されているのは事実。これからのトップアスリートを含めた多くの人々の「痛み」や「コリ」の改善にメディセルにしかできないアプローチがある。
btn_demo

ページ上部へ戻る