メディセルケアとは

今までの押す施術とは違う専用機器を使用した皮膚吸引によるアプローチです。

皮膚を直接吸引することによって筋膜の相互干渉を減少

骨、腱、筋肉への様々なアプローチ、マッサージ等の手技、様々な健康機器しても『なかなか改善しない』『病院に行ってもすっきりできない』など、身体の痛みや不調がある時は、筋膜の癒着が原因と考えられています。

メディセルケアは、急性期〜慢性期まで多くの症例に対応できるのはもちろんのこと、身体のバランスを根本的に整えながら血液やリンパの循環をよくし、正常な身体の機能をいち早く取り戻し、安全かつ画期的な療法です。

メディセルケア4つの効果

1. 痛みを和らげる

皮下の組織間の隙間が狭くなることによりリンパ液が滞って神経を刺激し痛みを引き起こします。
メディセル療法では皮膚を吸引し吸い上げることで痛みを誘発している神経への刺激を緩和することができます。

2. 血液やリンパの循環を良くし、むくみを改善する

血液やリンパ液の流れが悪くなると、うっ血状態となり神経を圧迫します。この流れを良くするために、メディセル療法によって皮膚を吸引することで、皮膚とその組織間の隙間を広げ、局所に溜まっている血液やリンパ液の循環を改善することができます。循環が改善されることでむくみが解消され、むくみにより引き起こされる不定愁訴を改善することができます。

3. 筋肉の機能を正常にする

スポーツなどによるケガ、障害、使い過ぎによって痛めた筋肉を治すということです。どなたでも筋肉が固くなり身体を動かしにくくなったことがあるでしょう。久しぶりの運動で全身が痛くなった経験もあると思います。メディセル療法により、伸び過ぎた筋肉や縮みづらくなった筋肉を元に戻したり、弱っている筋肉を強くする効果があります。

4. 関節の歪みを正す

同じ姿勢を長時間取り続けることによる身体への負荷やスポーツでの障害などにより骨と骨をつなぐ筋肉が緊張してしまいます。筋肉の異常な緊張によって関節を構成している骨を引っ張ってしまい、関節にずれが生じてしまいます。筋肉の緊張を緩めることで関節を正常な位置に戻し、関節を正常に動かせるようになります。

medicell-treatment04

症例事例はコチラから
症例事例はコチラ
研究活動はコチラから
研究活動はコチラ

最近の研究活動にて、メディセルケアのさらなる可能性を示唆

自律神経の働きにも影響を及ぼしている

メディセルを使った皮膚吸引施術によって、たちまち脳波がアルファ波優位に必然的に,自律神経が副交感神経の働きが活発になるという結果もでてきております。

国内約1,700台以上の導入実績のもと、これまで多くの方に絶大な効果を実感していただいてきた、メディセルの「皮膚吸引システム」。最近、この仕組みがもたらす大きな効果を裏付ける、新たなメカニズムが解明されてきました。それが「皮膚吸引による、脳シグナルコントロール」です。

独自の吸引システムによる皮膚振動が、脳を刺激し、脳内に、最上のリラックス状態である「α波」の状態をつくり出します。すると、脳が運動神経と自律神経を介して全身の筋肉と内臓を弛緩し、血管が拡張。その結果、血流の循環が良くなり、多くの酸素が送られ、筋肉と関節の可動域がアップするのです。

皮膚は、「第3の脳」。

「人体で一番大きな臓器」 と呼ばれ、音や光、超音波、電磁波まで感知し、その受容力や解析力には驚くべき能力があると言われています。皮膚から伝わった情報は、ニューロ・マトリックスと呼ばれる神経繊維網の働きで脳の痛みのサインを変換します。

メディセルがもたらす皮膚振動には、不安軽減効果が高まるなど、メンタル面での高い効果があると言われています。脳の研究は急速に進んでいて、想像以上の可能性の広がりが期待されており、今後もより大きなマーケットニーズに応えることができ、国民全体のケアニーズに応えることができます。

また、メディセルのケアシステムは、それ自体でも大きな効果をもたらしますが、人体の基盤となる能力を上げることで、いつもの治療効果をアップさせることも特徴。多様な可能性にベストフィットしていく、次世代の健康プラットフォームです。

脳シグナルコントロール