会社概要 スポーツ支援・社会貢献 SDGsの取組

MJカンパニーのSDGs

MJカンパニーは、メディセル筋膜療法を通じて「痛み」をいち早く解決し、
誰一人取り残すことなく社会全体の幸循環を目指しています。
SDGsとは?

MJカンパニーのSDGs
SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略で、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。
詳しくは外務省ホームページをご覧ください。

MJカンパニーの取組

MJカンパニーのSDGs
MJカンパニーでは2000年の創業以来、「痛みのない世の中を創りたい」という想いの元、メディセルを通じて治療業界の発展を支援してまいりました。
事業を通じて、仕事や家事、育児に奔走しながらも、自分を犠牲にしてがんばっている女性の心身の問題、そして能力がありながらもなかなか働けない女性活用の問題の両方をメディセルで解決することができるのではないかと考え、「筋膜美療®」をコンセプトに持続可能な社会の幸循環づくりを行っています。
そこで、日本の「持続可能な開発目標(SDGs)実施指針」においては、「あらゆる人々の活躍の推進」を目指し、SDGsが示す17の目標のうち、目標5「ジェンダー平等を実現しよう」をコアとして、目標1「貧困をなくそう」、目標4「質の高い教育をみんなに」、目標8「働きがいも経済成長も」、目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」を設定し、「命を燃やす」という経営理念の元、心身の「痛み」という制約から解放して、その人らしい豊かで幸せな人生を支援します。
筋膜美療

メディセルのコアにあるジェンダー平等の実現

ジェンダー平等を実現しようメディセルは、既定のセミナーを受講することで性別や年齢、経験に関係なく、施術者として活躍することができます。手に職をつけることによってどこでも働けるように、特に女性の能力開発と活躍支援に役立つ「メディセリスト」という新しい職業を創り出し、育ててまいりました。また、患者さんの多くは、自分の健康管理を後回しにしてきた女性であり、女性を元気にすることで、家族や職場、社会全体が元気になると考えています。日々の生活の中で、誰かの「がまん」や「痛み」にみんなが気づき、自然に笑顔で暮らせる社会へなれるよう、メディセルを通じてジェンダー平等の実現を目指します。

MJカンパニーのSDGs

シングルマザー世帯の貧困を解消

貧困をなくそう親の貧困によって巻き起こる育児放棄や虐待の社会課題は、まず親の心身を豊かにすることが重要であると考えています。特に、シングルマザー世帯の貧困を解決するために、メディセリストとして活躍できる支援を行っております。

女性活躍支援

徹底した社員教育
様々なセミナーや講演活動の実施

質の高い教育をみんなにMJカンパニーでは、社会課題解決のためにはまず社員自身の心の在り方が大切だと考えています。社内研修のみならず、外部研修にも積極的に派遣し、価値観教育やスキルアップ教育を実施しています。
また、メディセルによる症例発表会を定期的に開催し、日本中の治療業界の方々と共有できるオープンイノベーションの場づくりも行っております。さらにプレ社会人である大学生にも講演活動を行い、メディセルによる筋膜リリースについて正しく伝えることによって、治療全体の底上げを行っております。

MJカンパニーのSDGs

その人にあった働きがいをまずは自社から

働きがいも経済成長もMJカンパニーには、プロBMXライダーと両立しながら活躍している社員がいます。その人の特技を活かして柔軟に働ける場づくりを、まずは自社から実践し、社外に広げる活動をしています。

MJカンパニーのSDGs

様々な業界のパワーパートナーと共に目標達成を加速します

パートナーシップで目標を達成しよう治療業界のみならず、様々な異業種、行政、教育機関との産学官連携によって、メディセリスト及びメディセル筋膜療法の普及を推進し、誰もが活躍できる社会づくりを加速します。2013年より学会発表を開始し、2019年8月からは、代表取締役渋谷智也が岡山大学の研究員となり、メディセルの共同研究に着手いたしました。

MJカンパニーのSDGs