拝啓  時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

昨今、動物用メディセルの普及に伴い、現在使用している人用のメディセルで動物への施術ができますかというお問合せが増えてきております。
その件につきまして、人と動物におけるメディセルに関する禁止事項をお伝えさせて頂きます。

人と動物に同じメディセルを兼用して施術するのは、非常に危険です。
専門の医療機関からも止められており、感染症等のリスクや機器の故障の原因にもなりますので、ご遠慮下さい。
ヘッドを兼用しないだけでなく、メディセル機器本体の兼用もお止め下さい。

動物を施術する場合は、メディセルペッツ専用の機器でお願い致します。
既に人用のメディセルをお持ちの方へのペット用ヘッドのみを販売することもお断りしております。
同様に、人を施術する場合は、人用のメディセル機器でお願い致します。
ペット用メディセルをお持ちの方へ人用ヘッドのみを販売することもお断りしております。

皆様に安全にメディセルをご活用いただくため、ご理解の程、宜しくお願い致します。

敬具

令和4年4月1日
株式会社MJカンパニー
代表取締役 渋谷 智也